ベトナム生活

ダナン6回目ロックダウンはいつまで(心もロックダウン寸前)

6月8日から徐々にロックダウンが解除され
ようやくレストランとカフェが条件付きの店内飲食が可能になり
バーやスパ、ジムや学校などもそろそろ再開するだろうという矢先に

再びダナンは、
6月20日から
ロックダウンになりました。
(ロックダウンとよばないプチロックダウン)
今回で6回目です。

そして7月21日正午より不要不急の外出禁止
Grabでの移動不可となりました。
二人以上で集まることを禁止する他、散歩や自転車などスポーツも禁止となりました。

さらに7月31日より20時〜6時の外出禁止
それ以外の外出は、区長への申請の許可証なしでの外出を禁止するというものが発令されてしまいました。
おそらく今回が一番厳しい措置です。


始まりはなんだったのかさえも遠い記憶ですが
6月にダナンの市中感染者が0人が続きいよいよというときに

ホーチミンからダナンへ荷物を運びに来たドライバーさんだったり、
バクザン省のライチをダナンに運びに来た人などが感染したというような情報が6月19日の
朝から飛び交い2名から
1日で24名に・・・

この日は、朝から私も荷物の受け渡しなどで何名かの在住者のお友達に会い
また明日からロックダウンになるだろうから買い出し行かなくちゃねなんて
久しぶりに会った友人達とマスク越しに世間話をしていました。

そしたらなんと・・・
徐々に制限が解除されて
ダナン市内のサッカー場1つ
プールが1つだけ開いているということで

運動不足の子供達を連れて行った旦那さん
金曜日に行ったプールに
F1の子供がいた(保護者がF0)ということで

旦那さん、息子、娘はF2(濃厚接触者の接触者)になりました。

そしてF2に接触のある私はF3(濃厚接触者の接触者の家族)
どこにも外出していないのに・・・
保健所に申告し3週間自宅隔離の身となりました。

そして一大事なのは、F3も保健所や自分の接触者(F4)に報告しなければいけないのです。
前日にお会いした方々に連絡をしてお詫びをし
何かあった場合は必ずご連絡をしますとお約束しました。

お店は通常営業はしていませんが
販売店さんとのやりとりやオンラインショップへの準備など
やらなければいけないことがある中の自宅隔離

事務作業を集中してやれるかと思いきやそうでもない。
自宅隔離が家族全員となり
さらにご飯への期待度も上がり・・
でも買いにはいけないのでデリバリーでお買い物

業者さんとのやりとりはガラス越し・・・
とにかく直接自分で動けないのは不便極まりありません。

面倒な作業が加わりさらに時間がかかってイライラが募り
心もロックダウン寸前

そしたら
先日F2になったベトナム人の友人から連絡
この子にも私は接触しF3ですと伝えたところ

その友人は、「F2+(プラス)になりました。」
F2+(プラス)って??
F2よりもF1(濃厚接触者への接触が濃厚)なんだそうです。


私は、ダブルF3決定となりましたが・・・
彼女はF2経験者
いろいろ励ましてくれロックダウン寸前の心もなんとか持ちこたえました。

ダナンは、他の地域より制限が厳しく今回の
自宅隔離も3週間

ベトナムは、他の国より厳しいかもしれませんが
医療体制や設備が整っていない分警戒している状況だと思います。

晴れて自宅隔離は、終わりましたがどんどん状況は悪化
今や外出すらできなくなりました。
ベトナム全土厳しい制限のもと生活しています。

6回目のロックダウンが明けない
だんだんロックダウンに慣れてきてる自分もいますが
もう無理ーーーって叫んでいる自分もいます。
物価も上がっていて、卵は通常時期よりも2倍
食料確保もせねばならない状況で節約どころではなくなっています。

日本も感染者が増えていると聞いていて
気持ちが落ち込むばかりですが・・・

こんなことあったよねっといつか笑って話せる日が来ますように

なんとか希望は捨てず前を向いていきたいと思います。
ダナンの夕暮れ時の動画を
なんとか子供達の進級式(9月ごろ)までには落ち着いていますように・・

コメント

  1. […] ベトナムコロナ陽性者については、こちらのブログへ […]

タイトルとURLをコピーしました